賃貸物件を借りる時に|投資商品の中でも不動産投資信託なら簡単に始められる
男の人

投資商品の中でも不動産投資信託なら簡単に始められる

賃貸物件を借りる時に

男の人

連帯保証人が不要になる

賃貸物件を借りる際には、連帯保証人が必要となるケースが多くありました。連帯保証人はその賃貸物件に住んでいる人が家賃の支払いを滞らせた時、代わりに家賃の支払いを行うべき人のことで、多くの場合は親や兄弟がなっていました。しかし近年の高齢化社会によって、連帯保証人となる人が高齢のため承認されなかったり、高齢者自体が賃貸物件を借りることが難しくなってきています。そこで登場したのが家賃債務保証を行う会社です。家賃債務保証は今までの連帯保証人に変わり、家賃債務保証を行う会社が家賃の支払いを滞らせた時などの対処を行うことになります。連帯保証人がいなくても賃貸物件を借りやすくなるというのが大きなメリットとなっています。

初期費用が必要

家賃債務保証の会社を利用して賃貸物件を借りる時には、通常の連帯保証人が必要な物件を借りるよりも初期費用が多くかかってしまうケースがほとんどです。これは契約時に家賃の30%〜数か月分という金額を家賃債務保証会社に支払わなければいけないためです。同じ物件に契約更新を行う時にも再度必要となってしまいますが、その時には最初の入居時よりも支払う額が割り引かれる可能性が高くなるとも言われています。引越しの費用を安くするためになるべく安い家賃債務保証会社を探そうと考えるかもしれませんが、多くの物件ではその物件に入居する時にはこの家賃債務保証会社を利用する、というのが決められているのが現状です。どのくらいの保証料が必要なのか、という点をチェックしておくようにしましょう。