積み木

投資商品の中でも不動産投資信託なら簡単に始められる

手軽に始められます

マンション模型

約2倍の収入です

手軽に資産運用を始めたいと考えている人にとっては上場不動産投資信託が最適です。上場不動産投資信託とは不動産投資に投資信託の仕組みを活用したものです。株式投資信託の株式が不動産になったとイメージするとわかりやすいです。株式投資信託と上場不動産投資信託の違いは収益の安定性です。株式投資信託の収益源は配当や値上がり益となります。しかしながら、株式市場に上場している銘柄の平均配当利回りは1%半ばです。あとは値上がりを頼らなければなりません。しかし、上場不動産投資信託は平均の分配金利回りが4%近くと、株式投資信託の2倍以上となっています。しかも、分配金の原資は家賃収入なので、株式投資信託よりも安定しています。

手頃感もメリットです

この収益の安定性以外にも上場不動産投資信託にはメリットがあります。それが手頃な投資口価格です。現在、多くの銘柄が50万円以下で購入することが可能です。実際には10万円から30万円程度の銘柄が多いです。これは、投資口価格を50万円以下にしようという政策のもと行われています。つまり、あまりにも投資口価格が高くなれば、投資口を分割して50万円以下にしているのです。不動産投資というと中古ワンルームマンションがイメージしやすいですが、中古ワンルームマンションの場合、1戸あたり1000万円前後します。これに比べると上場不動産投資信託は投資のハードルがいかに低いかということが簡単に理解できます。まずは1口買うことから始めてみましょう。

賃貸物件を借りる時に

男の人

連帯保証人がいなくても賃貸物件を借りやすくするシステムとして家賃債務保証というものが広がりつつあります。家賃債務保証を行う会社が今までの連帯保証人の代わりとなってくれるシステムで、賃貸物件の借り換えなどがスムーズに行くようになっています。

もっと読む

人気の不動産投資は

集合住宅

サラリーマンでも手軽に運用できるマンション投資では、基本的な知識をしっかりと備えておく必要があります。その上で、確かな物件選びを行うことにより高い利回りを実現したり、安心して運用することができるものです。

もっと読む

敵対的買収を防ぐために

女の人

企業買収というのは友好的買収と敵対的買収の二種類がありますが、敵対的買収は、買収企業の納得を得ないまま、いつの間にか経営権を奪われてしまう事態に陥ってしまうことになります。こうした敵対的企業買収を防ぐために各企業はしっかり対策をすることが求められます。

もっと読む